【季節のうつわ】古伊万里染付竹林人物文皿 Imari Blue and White Dish with Design of Scholar in Bamboo Grove 18th-19th C

【季節のうつわ】古伊万里染付竹林人物文皿 Imari Blue and White Dish with Design of Scholar in Bamboo Grove 18th-19th C

Last 1

1,500 JPY

About shipping cost

竹林の中の賢人と唐子の組み合わせ。そのにこやかな表情がほほえましいものです。 室町時代頃から屏風や掛軸に描かれ、好まれた画題だったと分かる竹林人物図。江戸時代の古伊万里のうつわにもしばしば登場します。 硝子継ぎ(焼き継ぎ)という手法の修いが用いられています。割れてもなお直して用いた、当時の人々の価値観もがうかがい知れるものです。 状態:割れを補修(焼き継ぎ)。ひび割れ(ニュウ)が2本あります。 口径 18.4cm 高さ 3.0cm 磁器 日本・有田 江戸時代後期 18~19世紀 A blue and white plate with Japanese traditonal design of Chinese scholar(s) in the bamboo grove. Porcelain Arita, Japan Late Edo. 18th-19th C. Condition : A repair with yaki-tsugi technique. Two cracks. d18.4cm h3.0cm